anemone

ぼんやりしたり、うっかりしたり。

京都の1日

朝早めに家を出て、京都まで遊びに行く。新大阪まで出て、新快速で山科まで、そこから地下鉄。

まずは岡崎の近代美術館でやっている「バウハウスへの応答」展。本日は無料鑑賞日。う〜ん、まぁその無料だったからいいけど通常料金払ってたらちょっと不機嫌になってたかも。テキストやら昔の雑誌やら誰かのアルバム見せられてもなー。もう少し実物、バウハウスでの実習で制作した構造物やら平面作品やらを観たかったな。実物をたくさん目にしてからこそ、インドや日本でその種が多方面に向かって芽を吹くことが実感できるんじゃないかと。

課題制作で紙を使ったものがあったが、懐かしいなー。短い中学美術教師時代、三年生にこの飛び出す絵本と同じ要領で、切って折って立体デザインに挑戦してもらった。まずは二本切り込みを入れ、縦にずらせて折り目を入れてみる。そこから、切り込みの数を増やして折り目の位置をずらせてみる。切り込みの帯にまた切り込み入れて入れ子状にしてみる等々練習し、それからプランを練って本番へ。なかなか素晴らしいものが高打率で完成したと自負している。どうでしょう、中学三年生の最初のトライでこれは素晴らしくないですか?

f:id:cocoanuts:20180826182645j:plain

 

バウハウスそのものについてのか、それとも日本やインドで展開されたバウハウス精神の影響についてのものなのか、映像が上映されるということでしばらく待っていたが不調で見る事叶わず。ミュージアムショップを冷やかしていると長谷川潔の銅版画のレプリカを発見、購入してしまう。薄いけれどでっかい荷物でちょっと持ちにくし。いつかは手にいれたいと思っていたのでほくほくしつつ美術館を後にする。

 

岡崎からバスに乗って府庁前へ。カレーの話題店カリルで昼食を取ろうという魂胆。美味しいですよと次男が推薦してくれた店に行ってみると、おぉ、8人ほどの列が。待つよ待つ待つ。頑張る。だがしかし直射日光が暑い!今日も35度超えかしら。じりじりと炙られて汗がしたたる。日差しが堪らないので、先ほど購入した長谷川潔を葉っぱの傘よろしく頭に被ってなんとかしのぐ。まだかなーまだかなー、カレーなんだから回転早いかと思っていたが、なかなか順番来ない。後ろには留学生も並んでおり、皆で我慢大会のよう。ようやく次に中に入って待てる順番になった頃、後ろの留学生チーム離脱。え?今まで並んだのに!もうすぐってとこで諦めるの?トータルで待てる時間を決めておいて、それを超したら潔く諦める、という方式か。それも一つの考え方ではあるけれど、でもこのおばちゃん早い事食べるからすぐ順番来るよ?

ほどなく着席、ポークカレーを食す。お肉は柔らかく煮込まれ、トマトの酸味を感じる複雑だけどえぐみのない美味しいカレーでございました。ご飯固め、ちょっと多いかと思ったけれどなんのなんの、すっすと食べてご馳走さま。お嬢さんたち、ちまちま食べてんじゃねーよ、外でいっぱい待ってんだよと心の中でチコちゃんになって叫びながらお勘定。

 

またしてもバスで四条河原町まで。ここらの風情は変わらないなぁ。高島屋でお手洗いを借りて、ついでにくるっと冷やかす。やはり天井の高さと通路の幅が同じだと、昭和の頃からの印象がそのままだなぁ。足がそろそろ痛くなってきたので、河原町の交差点の方に出て、永楽屋にてかき氷。ちょうど、昼食とおやつの合間の時間で並ばずに座れてラッキー。苺みるく氷。ゆるいジャムのようなシロップが美味しい。ミルクは練乳ではない、もっとお上品な甘さ。氷の下に砕いた寒天が隠してあり、食感に変化が出るかと思ったが寒天はタピオカや白玉ほどには主張しない奥ゆかしさでありました。

 

お腹もいっぱいになり、長谷川潔はかさばるし、阪急とモノレールを乗り継いでおとなしく早めに帰る。

 

 

 

3分の1を2つ

三部作として刊行されているSFを2冊読む。

 

われらはレギオン1 AI探査機集合体 (ハヤカワ文庫SF)

われらはレギオン1 AI探査機集合体 (ハヤカワ文庫SF)

 

この本を読んでいる頃、スピルバーグの「レディプレイヤー1」を観た。いろんなキャラクターがアバターとして出てくるのだが、ちょっとちょっとスピルバーグさん、こっちのレギオンのシリーズを映画化した方が良かったのにー、と思ったな。
デジタルデータとなったボブは増殖し、それぞれが勝手に気に入っているキャラクターの姿形を流用し、自分に心地よいように身体や執務室を作り上げる。レディプレイヤー1の後だと、ちょっとインパクトは減ってしまうかなー。

ボブはSFオタクという設定で、ま、そんなにオタクではなかった私にも理解ができるSFネタをちりばめながら、軽い語り口で宇宙の冒険譚は綴られる。とんでもない状況を四苦八苦しながら打開していき、自己の能力を飛躍的に拡張しながら前進していく前半部はとっても楽しめた。どんどん増殖していき、活動の場が広がってからは、なんかこうワクワクが薄まってしまったような。までも、読みながら映像が頭に広がる面白い本だった。3Dプリンターが大活躍で、ロボットがロボットを生産する工場をいく先々で建てていくわけだが、そこでJ・P・ホーガンの「造物主の掟」みたいなことがおこらないかなー。後2冊あるのか。あ、もう2冊目出てるのかー。

 

 

 

「我らはレギオン」もそうだが、この「7人のイヴ」もエクソダスもの。レギオンに比べるとタイムリミットはかなり迫っているし、時代も現在からそう遠くない未来なので、夢のような新しいテクノロジーもない。なんとか限られた人数でも生き延びさせるために、全地球的に協力してスペースコロニーを作り上げなければならないと奔走する科学者たちの話。主にコロニーの核となる宇宙ステーションでの話。
今ひとつ乗り切れなかった点。後数年ののち人類は滅びるとわかっていても、文明社会は維持できるのだろうか。仕事なんかせんとノンビリするわーってならないのかな。たとえば、人類最後の日々、あなたは何をしますか?って質問に、いつものテレビ見てアイスでも食べて笑ってますわー、と答えたとして、スーパーマーケットの人も、テレビ局の人も電力会社の人も、アイス工場の人も、家族や大事な人と好きなことしてたいだろう。そんな時に仕事場にいて仕事してくれるのだろうか。水道局の人は仕事してくれるのかな?し尿処理施設の人は?病院で当直するお医者さんはいるのかな?てなことが気になって仕方ない。
ようやく移住者候補がきまり、スペースコロニーの受け入れ体勢が整ってきたところで第1部は終了。あんまり手に汗握るような展開はなし、話にリアリティを与えるためか、技術的科学的な話を散りばめてあるため、どうにも頭に映像がうかばない。2冊目どうしたものかなー。こちらも極小ロボットが活躍しそうな気配、極小ロボットが意外な展開を引き起こしてくれたらいいなぁ。

KUBOとアタリ


ストップモーションアニメを二本見た。


KUBO AND THE TWO STRINGS - Official Trailer [HD] - In Theaters August 2016

2017年11月23日エキスポシティ109にて観賞。
KUBOってそら苗字!とおそらく殆どの日本人は突っ込んだんじゃなかろうか。製作者サイドにも指摘はあったはず、でもそのまま主人公の名前にしたのね。大したモンダイじゃないと思ったんだろうなぁ、大したモンダイなのになぁ。キラキラネームというか、難読名前が流行っていても、悪魔ちゃんとかラファエルくんとかつけちゃう件はあるかもだけど、名前に苗字はつけないわねー。佐藤鈴木くんとか?マイヤー・マイヤーってのがいてたなそういえば。

鮮やかな画面、視点がダイナミックに移動して、奥行きのある世界を生み出している。雪の中のニホンザルの造形の素晴らしさ。闇夜にするーっと現れる二人の刺客のゾッとする佇まい。心が壊れていくお母さんをそばで見ている切なさ。画面に見とれているうちに、ストーリーはわりとこじんまりと収束していく。見知らぬバディが心を通わせ家族になっていく話かと思っていたら、親子は姿が変わっていてもわかるのよ的なことに。最後は子どもが見て安心できるようなエンディングに。
するすると動く登場人物を見ていて、考えてはいけないだろう思いがついでてしまう。人形アニメでなくていいんじゃない?CGで良くない?

 

 

 


『犬ヶ島』日本オリジナル予告編

2018年5月27日エキスポシティ109にて観賞
ウェス・アンダーソン監督作品は初めて。いやこれ大好き。
ストップモーションアニメであることの必然を感じる、画面の手触りというか、ちょっと表面が凸凹してるような人形がそこにいて、もそもそ動いてるのがわかる映像が好き!
なんだろう、押し絵?羽子板にあるような立体だけどどこか平面を感じさせる空間表現も好き!
昭和30年代を思わせるレトロな小道具や大道具も素敵、それと近未来をブレンドする塩梅のセンスも大好き!
すこし白っちゃけたような色彩も好き、犬たちがプシッとくしゃみする設定は堪りませんな。わかってらっしゃる監督ー!
なんだかチェコのアニメに感じるような間合いだったり動きだったりだなと思っていたら、ヨーロッパのスタジオとの製作だった模様。

吹き替え版でみたため犬たちもみな日本語喋っているので、アタリ少年と犬たちのコミュニケーションできてるんだかできてないんだかって微妙な感じが伝わってこなかったのが残念。
そうそう、アタリってのは日本人は名前につけないってアメリカで批判されたとnetの記事にあったが、こっちの名前はそんなに違和感なかったな。亜久里もいるし、アトムだっているぞ!

リザとゴジラと恋する若者たち

この夏3本映画を観た。その感想を書いておく。

「リザとキツネと恋する死者たち」http://www.liza-koi.com/
シン・ゴジラhttp://www.shin-godzilla.jp/sp/index.html
君の名は。http://www.kiminona.com/index.html

 

「リザとキツネと恋する死者たち」
ハンガリー映画。ハンガリーでは大ヒットしたらしい。ぺかっと笑うトミー谷のビジュアル見て絶対みたい!と思い、ヨーロッパ映画を上映するイベントで見るべく京都まで出かけた。


映画『リザとキツネと恋する死者たち』予告編

全編流れるレトロな歌謡曲が頭にこびりつく。ロカビリー風味の「ダンダンス ⭐️ ハバグッタイム」の中毒性はどうだ。


Erik Sumo & The Fox-Fairies - Dance Dance Have A Good Time ダンスダンス☆ハバグッタイム

死の世界の住人「トミー谷」の歌う日本語歌謡曲群が、この映画のためにハンガリー人が書き下ろしたオリジナル曲というのが素晴らしい。ボーカルもハンガリー人だ。(トミー谷役のデヴィッド・サクライは口パクとのこと)楽曲はグループサウンズ風だったり乙女フォークソング風だったり勇気鼓舞系歌謡曲風だったりでバラエティに富んでいる。それら全てが「微妙なさじ加減」で、日本の昭和歌謡曲のエッセンスをキッチュなものとして提示する。監督は日本オタクとでも言おうか、歌謡曲・JPOPはかなりマニアックに深いところまで聞き込んでいることをインタビューで知った。
このトミー谷の歌う曲たちを(や、口パクだけど)何度も聞きたいのでBlu-ray買ってしまったわ。

ストーリーは単純、70年代ブタペスト、リザにだけ見えるユーレイのトミー谷が、次から次へとリザにちょっかいを出す男性を殺していく。窮地に立たされるリザ。そしてトミー谷の真の目的は如何に。

リザに相対しているときのトミー谷がキュートだ。声は発しないが微笑んだり頷いたり時にはしょんぼりしたりでリザと心を通わせる。しかし所詮実体のない存在の悲しさ、好きな人を抱きしめられない苦しさや友達以上には思ってもらえないやるせなさを見ているこっちが勝手に慮ってキュンとする。それはラストのドライブのシーンでもシミジミそう思ってしまって、やーん、トミー、もういいやん、次行こうぜ、次!なんて思ってしまう。それはヴァンパイヤ問題とでもいいますか、愛する人は老けていくが自分は変わらないという結末も見えて、それでいいのか、トミー谷。

までも、そんなことはさておいて、妙な笑いの小ネタもモリモリ挟んで、話はとんとんと進んでいく。初めはただ単に珍奇で能天気だったトミー谷のロカビリー歌謡も、陰惨なシーンに被さって歌って踊られると、同じ曲も禍々しい様相を帯び、つまりは死神の狂気の体現となる。

もうね、いちいち可愛い。へんてこりんな人たちばかりがわんさか出てきて、ヘンテコな具合に幸せを求めて一所懸命に突き進む。大好き。

 

シン・ゴジラ

これはやはりIMAXでしょう!とエキスポまで張り切って出かけて観た。
面白かった!もう一度観たいけれど、今度は一時停止しながらがいいな。じっくり行きつ戻りつしながら。

全体的にとっても気に入ったけれど、だからこそちょっとモンク言いたい部分もあり。
アメリカ大統領特使のクオーターに石原さとみ嬢というキャスティングには、違和感あった。もうどっからどう見ても東洋人だもの。「007は二度死ぬ」でボンドが日本人に化けた時と匹敵する違和感。もう少し役柄とマッチする風貌の女優さんでも良かったのではないか。
あと気になったのがゴジラのしっぽの長さ。ちょっと長すぎないかね。ゴジラのしっぽにも重力はかかるでしょう。あの不自然に空中に浮かんでいる長いしっぽが、「現実」vs「虚構」の「現実」部分を目減りさせる。付け根から3分の2までぐらいを地面に引きずっててくれたらなぁ。

静かで悲しくて重い音楽が流れるなか、東京を破壊するゴジラの場面が素晴らしかった。あぁ、やめてやめて、辰野金吾の東京駅壊さないで、せっかくもとどおりにしたのにー!大好きな旧朝香宮邸は潰さないでねー、なんて思ったり。


君の名は。

新海誠作品は「秒速5センチメートル」の3話目のみ、見たことがある。もちろん山崎まさよしファンだもの。ファンクラブ会員だもの。「one more time ,one more chance」のPVだ、と言われるのもわかる。だって歌の内容そのままだもの。それだけ「one more」の曲が持つ力が強いということだろう。この曲は「月とキャベツ」「秒速5センチメートル」と、2本も映画を作ってしまった。「月とキャベツ」についても、同じく「one more」の長いPVだという批判があったことを思い出す。

新海誠という人は、わりと音楽に映像を奉仕させるの平気な人なんだなと「君の名は。」観て思った。歌というか歌詞に合わせて映像を作ったりするので、ちょっとムズムズする。そうしたところがPV的手触りをもたらすのではないか。「月とキャベツ」では、山崎氏は本編のインストゥルメンタル音楽も制作していたが、それは映像を見ながらアコギで曲を作っていくという作業だったそうだ。反対のアプローチ。
背景は素晴らしく美しい。光が溢れ出している。秒速見て感じた重力のなさ、体重を感じない人物の動きは、美しい背景に見とれる分、それによって気持ちを削がれる割合も少なかった。

ストーリーも空間と時間を組み合わせてハッとする展開を作り出しており、楽しめた。しかしねー、確率的にありそうに無い現象が同じ場所に何度も見舞われるなんてことは、無いでしょう。だから池はそもそも無くて良いと思う。

音楽はRADWIMPSというバンド。私は初めて聴いた。申し訳ないが、好きでは無いタイプの歌だった。ビートが、リズムが、ロックではなかったので。私の中の「ROCK」とは、リズムに対してかぶり気味なくらい早く強いアタックで歌われるもの。RADWIMPSのベターっと語られる歌は、そうそう、「リザとキツネと恋する死者たち」の中で歌われた、ハンガリー人が制作した、概念としての昭和歌謡曲に似ている。

海外でもカルトな人気を誇る「秒速5センチメートル」、「one more time ,one more chance」の人気も高い。特にスペイン語でのカバーがyoutubeにたくさんある。山崎氏の歌唱はスローな楽曲でもビートを感じるし、揺らぐビートが曲に洋楽的アレンジを施しやすい隙間を作ってくれる。
君の名は。」は秒速よりももっと世界で人気を博するだろう。いろんな国の人が主題歌や挿入歌をカバーしたりするのだろうか。その時は、ハンガリーの人がROCKではない昭和の歌謡曲をキッチリ作って見せたように、あの隙間のないべたーっとした歌をその通りに表現したりするのかな。いろんな国の人がカラオケで日本の歌を歌って競うテレビ番組、あれも最初はべたーっとした日本の歌をROCKに歌ってみせるのが興味深くて好きだったのに、回を重ねるごとにべたーっとした歌をべたーっとしたそのまま歌う人の方が高得点になって、つまらなくなった。早く世界で公開して注目されて、いろんな国の人に歌ってもらいたいものだ。

 

オデッセイ

エキスポシティのIMAXにて「オデッセイ」。大変楽しく鑑賞した。小学校5年生男子を数人連れて観に行きたい、そんな映画。以下つらつらと感想を。

 
 
 
 
  
 
悪人が出てこない、後味がよい、それぞれの立場でいろんなアプローチで前向きに頑張る、お色気サービスショットがない、一話完結、世界平和、仲間への信頼、そんなあたりが満載で5年生男子に見せたいと思うんだろうなぁ。お酒を飲むシーンもタバコを吸うシーンもなし。
 
困難に対して、今ある材料でもって知恵と工夫で立ち向かう。もちろん「火星DASH村」であるわけだけど、「無人島に生きる16人」という本にも似てるな。みな前向きで「キチンとしてる」。

 

無人島に生きる十六人 (新潮文庫)

無人島に生きる十六人 (新潮文庫)

 

 

 そうそう、ディスコミュージック満載なのだけど、いやー、アメリカ人、ドナ・サマーとか好きよね。映画全体の明るいカラッとしたムードは、ディスコミュージックのなせる技。アメリカ人にとって、ディスコミュージックって何なんだろう。「ラブソングができるまで」で、80年代バカPOPを改めて「恥ずべきもんでもない、だってこんなに楽しいんだもの、人を楽しくさせるんだもの」と肯定していたけど、主人公めちゃくちゃケナしながらも、ディスコミュージックだったおかげでダークサイドに堕ちずにおれたんじゃないかな。あれがディスコミュージックじゃなくて、んー、たとえばピンクフロイドとか?そんなんだったら、ガンバロ!って思えなかったかもね。

というか、最後に「I Will Survive」を流したいがために全部をディスコミュージックで統一したのではないかな、なんて妄想する。場面場面の音楽のチョイスが画面の状況に対するツッコミになってるのが楽しい。
 
 
あとこれは愚痴。巨大IMAXで見て満足したけど、没入感をより楽しめるのは、眼鏡なし&吹替だと思うので、IMAXだともれなく3D&字幕になってしまう現状が困る。

旧甲子園ホテル

仕事を休んで午後から武庫川女子大学甲子園会館の見学に行ってきた。

 


日本近代建築・誕生秘話「甲子園ホテルの想い出」

 

甲子園会館は、元は阪神電鉄が昭和五年に作った甲子園ホテルの建物。東の帝国ホテル、西の甲子園ホテル、と言われたハイソサエティ御用達のリゾートホテルである。フランク・ロイド・ライトの弟子遠藤新が手がけた。正門から対峙する平たく広がり、ごつごつとした表面が階段状に盛り上がっていく威風堂々とした建物の顔は、まさにロイド的。遠目から見る煙突が二本屹立している様もロイドの山邑邸を思い出させる。

 
ずっと大学職員の方が案内してくださる。歴史から館内の見どころまで詳しく解説してくださってありがたかった。その中でしばしばアールデコ様式、という言葉が出てくるのだけれど、んー、どうだろ、なんかこう、あまり、言っちゃぁナンだが、形としてすっきり見えないので、アールデコと言われてもぴんとこない。和洋折衷を意識しすぎて、モチーフの打ち出の小槌を使いすぎてないかい?そしてライトから受け継いできたインカ趣味も強烈に加わって、かなりマニエリスティックな空間が出来上がっていた。
 
ライトの山邑邸では、メリハリのある過剰さがライトのデザインセンスでコントロールされていて、とっても心地良い空間が出来上がっていたのだけれど、んー、やはりライトって素晴らしいデザイナーだったんだなぁ、と甲子園ホテル見て思う。や、すごいんですよ、甲子園ホテルも。圧倒されますよ。ボールルームの装飾がすごかった。幾重にも連なって垂れ下がる打ち出の小槌モチーフ。これ全部が金色に塗られていたそうで、これじゃまるで仏壇のうちっかわというか、煌びやかなお寺の本堂みたいだ。トゥーマッチなんだけど、これがお客を喜ばせるための商業施設ならではなのかもしれない。
 
お昼を食べ損ねていたので、梅田まで戻りルクアのサラベスでバターミルクパンケーキ。しばらく経ってやってきたのは4枚ずらされ重なったパンケーキ。うわぁー、私のお腹もトゥーマッチですわー。

山崎まさよし "Twenty First Century Men"TOUR オリックス劇場

山崎まさよし氏のツアー大阪公演に行ってきた。演目にふれながらとりとめなく感想をば。

 
 
 
 
満員御礼だそうだ。旧厚生年金会館大ホール。新譜も買っていないし、もちろんベスト盤や企画盤も買っていない。ツアーがあると一回は行くけど、スタンディングのライブはパスしてしまった根性無し。もし聞いたことない曲ばっかだったら楽しめるのか不安があったけれど、今回随分と懐かしい曲のオンパレードで、疎外感を感じることなく楽しめた。それが良いことなのかどうか。新作ぱっかーんとヒットしないかなぁ。 
 
ドラムの江川ゲンタ氏が病気入院だそうで、ドラムだけ昨年末のライブ音源からひいてきて、それに山崎氏、キタロー氏がかぶせる格好。以前TTTの時に同様の状況があったが、その時は沼澤尚氏が急遽参加、もともと沼澤さんのドラムで山崎氏を聞いてみたいと思っていたので、京都公演でそれに当たってロック山崎聴けてめちゃくちゃラッキーだった。今回どうなんだろう、ドラム不在なら腹くくって無しにしてしまい、oneknightstand形式というか、アンプラグドっぽいアレンジでも良かったのにな。全部が無理なら、アップテンポのパートはゲンタ音源使い、その他は完璧二人ってのを聴きたかった。そういう臨機応変なのでも十分対応できるスキルは持っている二人だもの。  
 
熱狂的に聞き入っていた頃の曲が続く。良いなぁ、卓越したメロディメーカーだなぁ、でもって、「長男」しかり「昼休み」然り、この歌詞のユーモアのさじ加減が好き。で、 長男タイヘンっすよとか、今夜はしんしんと雪降ってますねとか、寒い夜にはシチューが身も心もあったまっていいよねとか、あの娘とフランス映画みたいな恋がしたいなぁとか、彼の 一言で内容が言えてしまうような曲が素晴らしい。今は皆、なんか大層な歌、中身がいっぱい詰まって賢そうなこと言ってる歌ばっかり。そんなの楽しい?やはり海は広いな大きいなが最高じゃないですか。 シンプルで洒落た歌詞に洋楽テイスト溢れるメロディ、そんな曲を待ってます!
 
結局ちゃんと聞いたことがなかったのはツアータイトルの新曲「 21世紀マン」だけだった。というか、随分とこの曲は昭和というかドメスティックな印象を受けるメロディラインだけど、新曲が一番古くさく感じるってそれで良いのかな。「アドレナリン」まで飛び出して、ひゃービックリ!もちろんワンモアも聴けて、そうそう、ワンモアって私は「月とキャベツ」だけれど、全世界的にみたらもう「秒速5センチメートル」の曲ってことになるんだろうなぁ。海外のアニメフェスに呼ばれて歌うとしたら、メロディが違うって現地の人に思われるかも。 


 
一階の後ろの方で見ていると山崎氏の表情等は遠くてわからない。でも声には張りがあって、20年前と遜色ない。なので遠くで歌っている山崎氏はなんだかまだ30前のような気がしてしまう。自分は年取っているので息子が頑張って歌っているかのよう。こんなに大きくなって立派になって、母ちゃん嬉しいよ。で、ラストは「ツバメ」。遠い故郷のお母さんに届けと歌う息子。くーー、泣いてまうやろー!