anemone

ぼんやりしたり、うっかりしたり。

ぴったりハマる歌

コロナの勢いがおさまらない。なんてこったい、こんなにも疫病禍が長引くとは。昨年の夏はオリンピックやパラリンピックを日本でおっかなびっくりやっていたんだな。

関JAMで山下達郎特集をしてた流れでYouTubeでいくつか見ていた。「さよなら夏の日」聞いた時に、あ、これってオリンピックの閉会式にピッタリハマっている曲だと思った。雨の歌、雨模様だった閉会式はオリンピックだったかパラリンピックだったかどっちだったかな。明日になればここには 僕らはいないと歌う。そして燻り続けていたウクライナとロシア、オリンピックが終わった途端に侵攻が始まった。

どうぞ変わらないで どんな未来訪れたとしても  さよなら夏の日 いつまでも忘れないよ

他の歌詞も一つ一つが判じ物のようにオリンピック閉会式とぴったりハマっていく。一番素敵な季節がもうすぐ終わる。巡る全てのもの、急ぎ足で変わっていくけれど君を忘れない うわー。

もう一つ、ピッタリ状況にはまっている歌があった。あにきさんのやってはったバンドC-POINTの「少年の夢」。これもYouTubeであれこれ聞いているうちに気づいた。

元々はこの歌。C-POINTに改名する前のPIEのときのリリース。あにきさん作ではないので、ROCK色薄めで和っぽいフォーキーな曲だが、若いあにきさんのスムーズなボーカルが素敵だ。川の流れをいつも見ていた少年は、大きくなったら川の向こうの知らない世界を見てやるといつも思ってた。そしてふるさとを後に旅に出る。YouTubeを手繰っていると別バージョンがあるのに気がついた。この歌はテレビドラマの主題歌になった(せーの! - Wikipedia)のでそのドラマに合わせた歌詞に変わっているのかな。

彼の幼い心は夢でふくらみ 大好きなママにいつでも 大きくなったら僕はこの川を渡る、でも泣かないでこの僕を見守ってほしい  という箇所が

彼の幼い心は夢でふくらみ 大好きなこの街いつでも おやじの大きな影と静かな眼差し 忘れはしないよ、あの日の言葉を   にかわっている。そうしたらピッタリとハマった。

世界一の野球選手になるんだという果てしない夢を持って海を渡る。父親の「懸命に打ったり投げたり走ったりしなさい、そうしたら野球は上手くなる、楽しくなる」という言葉を胸に。うわー。

いつしか少年は川を渡ってた  

抱えきれない夢とママの写真を持って

 

 

 

カリンバは楽し

カリンバを手に入れてぺそぺそ弾いている。きっかけはジャマーバンドの対バンライブで久しぶりに見たアミーゴス。山田晴三さんのカリンバ演奏を聴いて、やっぱ良いよなーと思ったこと。

調べてみたら案外お手頃な値段だったので、勢いでポチッと購入した。おぉ!こういう音の並びなのね!まず歌のメロディーだけぺそぺそ弾いてみる。良いじゃん良いじゃん。面白いなぁ。童謡やらジャマーバンドの曲やら弾いて遊ぶ。キーが合わず一緒に歌えず。そのうちにメロディーだけでなく、同時に伴奏も入れるカリンバソロというのもやってみたくなってくる。ついてきたパンフレット見てキラキラ星を練習する。俄然難しくなる。小さい頃ピアノを習わされていたが、ピアノはだいたいが右手がメロディー担当、左手が伴奏担当だったが、カリンバは左右交互に音が並んでいるので、メロディー担当が右手左手目まぐるしく変わる。むむっ!むつかし!

一生分キラキラ星弾いたような気がする。なんとか弾けてきたら、別の曲が弾きたくなりyoutubeで探すが、ジプリアニメの曲や最近のヒット曲が多いのねー。なかなか、この曲弾きたい!と思うような曲がない。辿り着いたのがムーンリバー

音色が曲に合っている。アレンジも好みだったので、こちらをお手本に頑張るのだが、なかなかうまく弾けない。このジェラララって指を滑らせて音を奏でるのが難しい。まだまだ道のりは遠し。

もっと上手くなったら、サウンドオブミュージックの私のお気に入りも弾いてみたい。気分はコルトレーン。いや待てよ、この曲は細かいキーの変更がいるのね。なにせピアノでいう黒鍵がないカリンバ、だから弾ける曲が限られてくるんだなー。キーがCで単純に演奏できるタブ譜探そう。

とってもとっても上手くなったら、月の光もやってみたいな。飽きずに練習できるかなー。

 

わてホンマによう言わんわ

いやもうヒドいな、エンジェルス!ホンマに大谷投手登板日しか勝てないのな!てか、こんな守備陣攻撃陣でこれまでよう9勝できたな!アデル、もっとちゃんとせぇよ!ベラスケス、あんたが一塁におるから勝負してもらってんねんやんか、勝手に盗塁すな!ほれ申告敬遠くらったやんかー!あら失礼しました、フラストレーション溜まってつい口が悪くなってしまいましたわ。でもねー、大概の日本人が同じ気持ちと思うわー。ホームラン打ったりした時に時折日本語が現地実況で混じるのが話題になるが、今度は是非、こうしたやらんでもええ失策をした時などにはこう叫んで欲しい 「カタン

丁度地元記者の密着取材による大谷本が出たので買って読んでみた。

 

スポーツ選手のことについて書かれた本を読むのは初めてだけど、これ大谷選手の事あまり知らないアメリカ人が読んで面白いのかな?私は記述の該当場面を脳内で再生していたので読み切れたが。脳内再生して補完するならそもそもが映像作品で良くない?NHK制作のコーチや記者など周辺へのインタビューを中心にまとめた「証言ドキュメント 大谷翔平(2018)」「証言ドキュメント 大谷翔平 二刀流復活への序章(2019)」が上手に作ってあって好きなんだけど。あぁ、活躍した2022年こそ、この証言ドキュメントシリーズを製作して欲しかったなー。

本はというと、なんかこう、盛り上がりに欠けるのよねー。過剰に盛れとは言わないが、でも読み進めていくうちに全てがサラーっと流れていくようで、読み手にカタルシスを与えてくれない。毀誉褒貶アップダウンの激しい4年の記録なわけで、普通に書いててもグッとくる場面はあるはずなんだが、こっちがあ、この局面だ!と身構える割に淡々と進んでいってしまう。なんかこう肩透かしをくらう。基本的に時系列に沿っての記述だが、時おり後先になる箇所もあり、だからと言ってそこでその処理でブワッとなにかが盛り上がるわけでもなし。反面、日本のテレビが追い切れていなかった部分である、ニグロリーグでの選手たちや、ベーブルース以降に二刀流を行っていた選手たちについての記述はとても興味深かった。後、特定のyoutubeチャンネルを取り上げるのはなんだかなー。彼女の存在はマスコミにもよく取り上げられているから既に有名人なんだけれども、現地映像を使って編集した動画をアップさせているのは彼女だけではないわけで。あの章は無い方が読後感が良かったと思う。彼女はもし大谷翔平選手が中部地区や東部地区のチームに移籍したら、転居して追っかけを続けるのだろうかな。←余計なお世話

まー、それにしても、つくづく大谷選手は身体能力が優れている人なんだなぁと本を読んで改めて思う。子供の頃はスイミングに通っていたという。そのまま水泳を続けていてくれたなら、金メダルも獲れたろうに!と水泳関係者は思っているだろうな。お母さんがバトミントンではなくバレーボールの選手で、ママさんバレーに幼い彼を連れて行ってたなら、ひょっとしたら不世出のアタッカーが生まれていたかもしれないし、サッカーだってテニスだって、本腰入れて練習していたらひとかどの選手になっていたろう。ま、野球ほどには稼げないだろうけどね。

後半戦もエンジェルスはフラストレーション溜まりそうな試合が多そうだ。パドレスのタティスjrの復帰近いし、そうそう、アストロズのペーニャ選手がカワイイのでワースポで見たらキャーキャー言おう。ミーハー全開で鑑賞したいぞ。

女性コンビ漫才台本 マウント合戦

どうしたん?なんか元気ないやん。

なんかねー、ママ友で喋ってたら疲れてくる人がおってねー。何かとマウント取りたい人なんよー。

あー。うちの子なんてダメよー、遊んでばっかりなのよーって笑いながら喋る人はね、本音は、ウチの子、遊んでてもあんたんとこのボーッとした子よりもいい成績だわよって思うてはんにゃよー

そうそうそうそう、マウント取りたい人はさりげなーく全然関係ない話に自慢を混ぜてくんのよねー 例えば晩ごはんの献立どうするかって話でもさ

暑いと火を使う台所仕事イヤんなるわよねー、ねー、だからウチは手巻き寿司が多くなるわー でもウチ食卓が大きいから半切り二つ用意しないとだから、今度は洗い物が増えてねー 良し悪しだわー

おーおーおーおー

リングフィットアドベンチャーが部屋でトレーニングできて良いって教えてくれたじゃない?それおばあちゃんに言ったら買ってくれて、うちの子喜んでやってるわよー、ありがとうね!で、こないだもエキサイトしすぎちゃってあの子棚に飾ってたおばあちゃんのマイセンの人形倒しちゃって割っちゃってねー!何十万もするみたいなのよー、まだおばあちゃんには黙ってるのよー

おーおーおーおー

オレガノ振ったらケチャップ炒めのナポリタンでも、本場の味っぽくなるって教えてくれたじゃない?やってみたら美味しくって主人が気にいっちゃってねー。コロナ前に行ったラスベガス旅行でお土産に買ったシーズニングみんな捨てちゃって、もうこれでイイって。

おーおーおーおー

クリーニング代ってバカにならないわよねー。だからなるべく自分でエマールとかで洗うようにしてるんだけど、でも細工が細かいワンピースとかはやっぱり不安じゃない?だからクリーニング屋さんに持ってったんだけど、やってくれないのよー。海外のオートクチュールとかは元々一回しか着ないものだからクリーニング想定してないんだってー。で、仕方ないからエマールで洗ったらやっぱりへんに縮んじゃってー。

おーおーおーおー やられっぱなしですなー、やり返したったらどない?

でもマウント取れるような生活してないしなー

じゃ私が代わりにマウント取ってあげましょ!お宅賃貸?持ち家?家賃なんぼなん?高!ウチ4LDKで8万よ、安なーい?

凄いことは凄いけど、これでマウント取れてんのかなー

なんで安いか知りたなーい?出るんよー、丑三つどきに。

いやや、そんなんー!

それも三人!凄なーい?

あかーん!

土方歳三小泉八雲ダグラス・マッカーサー

どんな組み合わせ!

トシちゃんとヤッくんとマッチと一緒に同棲してんねでー、凄くなーい?

もういいわ!

 

 

7月5日に生まれて

大谷翔平選手28歳お誕生日おめでとうございます。これでめでたくおっちゃん完成ですねー

最近はあまりにエンジェルスが不甲斐なく、孤軍奮闘している様子がカワイソ過ぎて見るに耐えないため、勝った時にワースポ見たりしている日々。エンジェルスのシティコネクトユニホーム可愛いなぁ!ずっとこれでイイやと思えるな。MLB大谷翔平選手によってもたらされたcuteという評価軸。ユニホームの見た目って大事だな。ブルージェイズのあのブルーはなんか病院を連想させるし、アスレティックスの緑と黄色の組み合わせは子供っぽくて力強さは感じられ無い。ロッキーズのシティコネクトユニホーム、平置きしてるとこ見てイイかも!と思ったが着てプレイする選手たち見たらパジャマみたいだったしなー。

大谷選手の去就が話題になっている。勝手な希望を言うと、ヤンキースはファンがいけすかないし、日本総領事を満場のなかでコケにしたメッツは言語道断。そもそもニューヨークって寒いトコだし。

じゃドコが希望かと言うと、諸々の事情を無視してのことだが、サンディエゴパドレスがいいな!球場のペトコパークが魅力的。古いビルがフェンスにくっついてたりしてね。市民と一緒になって作り上げた球場っていうのがいいではありませんか。投手有利とも聞くし。そして何より!タティスjrがおりますがなー!男前!フェルナンド・ガブリエル・タティス・メディーナ・ジュニア!フェロモンがダダ漏れ。大谷選手が加入したら、元々のMLB王道のpower&sexyという路線と、新興勢力power&cuteという路線の両横綱揃い踏みですぞ。眼福、眼福。ただねー、あの迷彩ユニホーム、あんまり大谷選手には似合いそうにないのよねー むむむ

 

夏のベランダ

暑い!まだ6月なのに梅雨明けなんだろうか。枝を伸ばして茂っているフクシアたち、花をたくさんつけているが暑さに弱って蕾のまましなっと萎んでいたりする。 f:id:cocoanuts:20220627082701j:image

ベランダの窓側に寄せて日光が当たらないようにしていても、この暑さだと辛いようだなー 暑さに喜んでいるのはポーチュラカくらいなものか。去年同様朝顔を植えようかとホームセンターに行ったが、ポットからそれぞれがにょーにょーとツルを伸ばし絡まり合って一つボットを取り上げるのが困難だったので、今夏は諦めてポーチュラカに。葉っぱまで赤いポーチュラカがあったので試しに植えてみた。葉っぱが赤いのは最初のうちだけで、伸びた分の葉っぱは緑だ。f:id:cocoanuts:20220627084945j:imageこれは植えた直後。今はもう緑の葉に覆われている。

夜はフクシアを乗せているガーデン机にキャンドルを乗せて窓越しに眺めてる。

f:id:cocoanuts:20220627084057j:image

食道癌治療中の兄が一時退院して家にいるとの事で母と会いに行く。声は微かに出るくらい。水ですら飲めない生活のようだ。体も萎んで皮が弛んでいる感じ。老けて父に似てきた。それでも駅まで我らを車で迎えに来てくれた。家庭菜園の作業もぼちぼちとやっているらしい。建て替え計画中の実家のプランを前にあれこれ喋って(もっぱら我らが)、軽口も叩いてみんなで笑う。兄も声なく笑う。今は暑さに萎んでいるフクシアも、涼しくなったらわぁっと盛り返して咲くよ、今はなんとか乗り切って、今度は大きな声で笑いあえるようにと祈る。

 

海辺のオーバールックホテル

ホテル川久へ一泊旅行。建物を見物するのが趣味、一度は行ってみたかった。「ポストモダン建築巡礼」には異世界との記述で表現していたが、まさにその通り。西洋風のロマンティックなお城と言うよりも、ビザンティン風な部分、イスラム風であったり中華風であったり、宴会場の天井画はアバンギャルドな絵柄の磨き出し絵だし、ありとあらゆるところが様々な様式の何かしらの装飾で飾られている。それらが世界の職人技大集合のホンモノでできている。

f:id:cocoanuts:20220612203343j:image

f:id:cocoanuts:20220612203308j:image

f:id:cocoanuts:20220612203439j:image
決してスマートでセンスが良いとは思えない雑多なものが詰め込まれた空間ではあるけれど、間近で見たら最高峰の技量と素材が圧倒的な熱量でもってこちらに迫ってくる。まさに魔窟、異世界。もうこのような金に糸目をつけない建物は創出できないだろうと思われる。

f:id:cocoanuts:20220612203229j:image

悪の枢機卿や御伽噺の邪悪な女王が根城にしている魔窟感満載のバルコニー風の部分。ここからマントを風に靡かせながら世を睥睨していそうだ。列柱が飾る空間だが、一見鳥居にも見えてしまうという不思議。


そして今回たまたまだが、ホテル全館を使ってのアートイベントが開催されていた。

ホテルの館内意匠とコラボするような形で6人の作家によるコンテンポラリーアートが展開されている。

わざわざこのアート展を見にきた宿泊客はいなかったような。夕食後に色々と作品を見て回った時には誰にも会わなかった。布をメインに使い、ウェディングドレスをモチーフに父親との辛い葛藤を紡いでいく作品やら、大広間の畳を何十畳も持ち上げる作品やら、小宴会場がずらっと連なる廊下を通り、作品が一部屋一部屋展示してあるのを覗き込む趣向であったり、小さな暗いバー的なところに音楽を流しVRで別の世界を見せるものだったり、いやもう何というか、作品を鑑賞するというより、何より怖い!誰もいないくたびれた豪華ホテルの暗い寿司バーに光るネオンサイン、見渡せない奥の部屋からはぼぅっと明かりがついたり消えたりしている。怖い、怖いよ!また、元々が急なドーム天井で卵型の浴場は水が抜かれ、インスタレーション作品が雑多な感じで幾つも置かれているのをシャワーブースが並んでいる所を抜けて見にいったり。廃墟感ハンパなし。人の声が流れる音響効果を使う作品も幾つかあり、人の気配のない角から喋り声がもそもそもそもそ聞こえてたり、怖い、怖いよ!

昔は豪華ホテルでならしていたが今は全館が賑わうことはなくて、暗い部屋が並ぶあたりに何やら存在していて、あぁ、確かめずにはいられないこのドキドキ。連想したのは「シャイニング」のオーバールックホテル。いろんな想念が襖の隙間から「お今晩は!」

ま、そんなこんなで楽しませてもらったホテル川久。建物を見るだけでもお腹いっぱいになれる。もちろんお食事もお腹いっぱいいただきました。建物好きには一回は行ってほしいが、2度目はないかな。