anemone

ぼんやりしたり、うっかりしたり。

Sunoで遊ぼう

テクノロジーの進化は凄まじい。一年半前はAIの作画技術に関しては「シンギュラリティの壁はグリーンモンスターよりも高し」なんて言ってたのに、今や文章を入れるだけで、現実と見まごうばかりの動画ができてしまうという報道を見た。AIの力でバーニィ・フュークスに大谷翔平選手を描いてもらおうとして四苦八苦した日記がこちら

音楽も同じで、ヴォーカロイドが出だした頃は、そのぎこちなさに悶絶したものだが、今やこんな曲が欲しいなーっていう漠然としたリクエストで、AIがヴォーカル入りの曲を作ってしまう。最近遊んでいるのが、作曲歌唱AIのSuno  無料で毎日1分20秒くらいまでの長さの曲を10曲作り出せる。課金すると一曲まるまるできるのだろう。

やり方は3種類。何も指定せずに生成を指示すると、まったく勝手に曲を作り上げる。向こうのAIなので英語の歌詞。なかなか小洒落た曲を出してくる。2つ目は欲しい曲の内容やイメージをテキストにしたら、それに基づいて歌詞をAIがそれらしいのを書いて曲をつくる。そのリクエストを日本語で書いたら日本語歌詞になる。

3つ目は歌詞をこちらで用意して曲調を指定すれば、AIがメロディ作りオケ付けて歌ってくれるというパターン。コレが楽しい!なかなかこちらの思う通りに作ってくれない。まず漢字の音読み訓読みが苦手のようだ。藤浪晋太郎選手の応援ソング作ろ、オリンピックもあるし名前入れずに全てのアスリートに当てはまりそうなんにしよ、と思い作り始めたが、書いた覚えのない言葉を歌う。「んーきぃぃゆう」って何だ?よくみたら「一喜一憂」やソコは!ーは引っ張り棒じゃなくてイチ!あいつアホやから全部ひらがなで書いたほうが良いというアドバイスもいただいた。そして曲調の指定もなかなか難しい。音楽ジャンルよくわからんの。new wave-pop,space rock,post-hardcore 等々曲調の指定がバチっとできたら好みの曲ができあがるんだろうけれど。選択を間違えると歌詞を書いていてもインスト曲作ったりするし。J-POPも指定でき、YOASOBIみたいなのができあがる。藤浪ソングの場合、歌詞の内容が応援なもんでAIがそれを汲んで、ムカシのロボアニメの主題歌みたいなのを作ってくるためJapaneseとかは付けずに単純にpops upbeat に落ち着いた。細かい修正を繰り返してできた応援歌がこちら「For Victory」

( )つけるとコーラスにしてくれる。最後のを 君に捧げる→君に届け にしたいけれど、ソコだけ変更ってのができないのよねー 1分ちょいのなかでキレイにまとまってて気に入っております。モノによったら歌詞の途中でブツっと切れてしまうのや、妙に早口で歌詞が足りなくなりAIが勝手に出鱈目日本語で埋めていくってのもあった。一回生成を命じると2曲作りはるので、1日5回のチャレンジ。ちょっと切ない女性ボーカルの柔らかな曲も作りたかったので pops mellow female vocals と指定してできた曲がこちら「クミン」 加えて が上手に発音できてないな。ここもひらがなにすれば良かったか。歌詞のオリジナリティは出せたと思う。

歌詞を書きたい私のようなものには、実際に曲になってくれるのでありがたいソフト。これから日本人の利用が増えたらどんどん日本語も覚えていくだろう。作成ボタン押して曲が生まれるまで待つ間のワクワクがたまらない。でもやっぱり生成AIの悲しさ、なんかどっかで聞いたことのあるメロディだったりアレンジだったりの曲なのよね。「クミン」の場合、食べてますっていう歌詞部分から西野カナさんをAIは感じ取って寄せてきたか?なんかわからんけど凄いもん聴いた!みたいな、たとえば「風に吹かれて」とか「帰って来たヨッパライ」とか「ボヘミアンラプソディ」とか、これまでのポピュラーミュージックの概念になかったようなものは多分生み出せない。今後生成がどんどん洗練されていくとしても、AIがパッパカ作り出すもので満足していたら音楽は停滞していくのだろうな。

 

 

二月下旬の園芸覚書

ヘロヘロである。孫っちズの上の子の手術のあいだ下の子を預かった時に、胃腸炎がうつったようだ。いやー、よくぞ御堂筋線バイオテロの恐怖に陥れなかったこと。よくやったワタシ。途中下車して何度か駅のトイレに駆け込みつつ家に辿り着いた。急にくる。何の抵抗もなく。ざばーっとマーライオン。恐ろし恐ろし。

ニンゲンがくったりしていても花は咲く。今はクリスマスローズが満開だ。花弁が黄緑でわかりにくいな。

f:id:cocoanuts:20240223122945j:image

一月にかなり切ったエンゼルストランペットはどんどん葉を出して茂り始めている。今年は花がたくさん咲くかな?

f:id:cocoanuts:20240222172734j:image

すごい生命力だ。ワタシもがんばるよ…

それから丸一日せっせと体内からウイルスを放出していたら、体調はずいぶんマシになった。んー、ポカリ以外のもんも口にできるか。お嫁さんが申し訳ながってプリンやらヨーグルトやらを持ってきてくれたけれど(ありがとね!)ちょっとまだそのテは早いかな。飲むゼリーもあるけど、そういう気分でもないのよー。口にしたいものを思いついて駅前のデパートまで行く。買ってきたのはコレ。くず湯と懐中しるこであります。

f:id:cocoanuts:20240223123918j:image

息子らが小さい頃、脂分が無いのでお腹こわした時とかよく食べさせてたなー。まずはくず湯。今は箱に入っているのか。中身をあけて湯を入れてまぜたら、あられやピンクの求肥やら麩やらがほうわりと姿を現す。これこれ。30年前、いやきっともっと前からずっと変わらぬこのビジュアル。元祖映えるスイーツってもんじゃないですか?

f:id:cocoanuts:20240223123841j:image

ふーふーしながら、優しい甘さのトロトロをゆっくり食べる。大丈夫かな?お腹におさまってくれるかな?よしよし、いけるいける。何となく体もあったまってごちそうさま。くず湯、幾つか買って今度お嫁さんにあげよう。孫が大人になった時、小さい頃に食べたなぁって懐かしがるといいな。

Some things to know about Shintaro Fujinami

"Fuji, the person on this team who distrusts Fuji the least is yourself."

What was said at A's touched his heart. Fujinami said so on a local television station after completing his first season in MLB.

I would like you to know about his baseball life, which has been full of hardships. 

This is 18-year-old Shintaro Fujinami at a high school tournament KOSHIEN in 2012. His batting is also surprising, but check out his overwhelming pitching at the summer tournament in the second half of the video.

Fujinami won consecutive spring and summer championships in high school tournaments, attracting attention from all over Japan. He became a popular player for the Hanshin Tigers immediately after graduating from high school. Fans were excited about the young player's performance, and in response, the team continued to overuse him without a long-term vision

That worked fine for a few years. He led his team to many wins, and won the strikeout title. However, his grades gradually declined from there. Even when the young Fujinami was tired and injured, he continued to pitch for his team. At the same time, as his body changedfrom a young body to an adult's body, he became unable to control his body properly. The number of walks increased, and the number of wild pitches also increased. The Hanshin  baseball team dropped him to the second team.

A characteristic of Japanese people is that they choose to improve their weaknesses rather than develop their strengths. Even if that means losing some of its strengths. First, the team had him change his instep pitching form. After that, the form continued to be manipulated many times, and it became unclear what was the right thing to do.

The Japanese baseball world did not yet have a method for guiding a tall player like him. Instead, he received mixed advice. The old way that senior players used to do it, unscientific advice such as "Train to the point where your body screams beyond your limits" and "You should go to a temple for spiritual training." Unable to accept all such advice, he continued training, confused and selective. That his choice was correct is evidenced by the fact that so far there have been no major injuries to the elbow. It was the media that made Fujinami even more distressed as he suffered from lack of results. Some media criticized him. It didn't matter whether it was true or not. "Fujinami is a lazy person who hates practicing"  "He's a big idiot who won't listen to important advice" Deliberately distorting Fujinami's actions and statements to make fun of them became a continuing favorite of some media outlets. The team also recognizes that they were unable to protect Fujinami from malicious media.
He moved back and forth between the first and second teams without any results. During that time, he was constantly receiving transfer approaches from other teams and MLB, as his potential was recognized as great. However, Fujinami was a popular player representing Hanshin for a time, so Hanshin did not accept the offer.

He has the personality of wanting to live up to the expectations of those around him, and has been active in accordance with Hanshin's wishes, but as he approaches his 30s, he has finally made a decision. "Shintaro Fujinami's life is meant to satisfy Shintaro Fujinami." He came to MLB without completely believing in himself. And a year passed, and he finally began to understand how extraordinary his powers were.

If he had been on a team that coached him from a long-term perspective, rather than a team that overworked young players for the sake of the team's popularity, wouldn't he have become a player who overwhelms others by now? If he had become a professional baseball player in the era when scientific approach training methods were introduced in Japan, how far would his results have improved? If he had joined a team other than Hanshin, he wouldn't have been targeted by the media so relentlessly, and wouldn't he have been able to play baseball in a more stable mood?  When some Japanese people see him pitching well in the MLB, they feel some kind of guilt. Originally, he should have been able to develop his talent even more. And they watch his pitches with a prayerful feeling. Throw with confidence, you're great!

 

 

 

procreateその後

導入したprocreateを使ってお絵描きしようと頑張るのだが、なかなかうまいこといかない。めっちゃヘタやん私。思うように線が引けないし止まれない。なんかこう、描いてて気持ちよくならないのねー。イヤになって、それこそチラシの裏にかしかしっと描くと、あらまコレコレこの感じ。ペン先が紙表面に引っかかる感じ。それがないんやね、iPadApple pencilではね。つるーっと表面をペン先が滑っていってしまう。慣れの問題なんかな。とりあえずチラシの裏にぺぺっと描いたものをprocreateに取り込んで仕上げた藤浪選手いかが。

f:id:cocoanuts:20240217181701j:image

ようやくキャンプ合流で「動く藤浪」をみることができて嬉しい。先発要員でないし、先日の監督会見で言及されたことが紹介がわりで、もう囲みの取材で「初めまして&よろしくー」みたいなのんは無いのかもしれん。そうだとしたらちょっと寂しいな。厳しい世界だ。

新天地

ようやくMetsから藤浪晋太郎選手と正式に契約したとのプレスリリースがあった。Press release: Shintaro Fujinami signs with Mets   正念場の一年になるでしょうが、悔いのないよう存分にベースボールを楽しんでください。怪我のないよう祈っております。

f:id:cocoanuts:20240215040748j:image

藤浪選手は日本の宝と思っている。ナショナルトレジャー繋がりで雷神図に引っかけたイラストをば。

 

ワタクシの藤浪選手の好きポイントに襟元はだけたりネックレスじゃらじゃらしない(磁気ネックレス除く)& 指舐めない(菊池選手ゴメン)ってのがあるので違和感あり。ボタン開けるキャラに変更?彩度の高いブルーはあまり似合わないなぁ、藤浪選手はイエローベースってこと?カーキのスーツやベージュのトレンチコート似合ってたからイエベ秋かも。(単に見慣れてないだけ説有力)

それにしてもInstagramやらXのコメント相変わらずムカッとするものが多い!パチモンのヤマモトだとかオオタニじゃないの?とかこんなヤツ知らんだとか。腹立つわー!今のところの望みは、そんなことをわざわざコメントしにくる輩を結果で薙ぎ倒して、シーズン半ばでトレードされることでございます!

いかんいかん、日々是好日をモットーにするはずがもうカッカしてしまった、落ち着け私。

日々是好日

藤浪選手キャンプ地に到着ということで、新しいシーズンの始まり。雷のような投球でニューヨークの人々を驚かせて欲しい!

有働さんとのテレビで、「自分では、大した成績残せなかったな…って思いながらの帰国だったが、会う人たちが皆よくやった!って言ってくれて、そのギャップに戸惑う」って言うてはった。昨年の春頃はメディアからして藤浪選手を意図的に揶揄する方向で発言を切り取り、それに踊らされて市井の民こぞって頑張ってる最中の人をピエロに仕立てて遊んでたんだもの、そりゃ罪悪感があるのでしょうよ。yahooのコメントよりはちゃんとしてると思うはてなのブクマコメントでも、ワタクシ以外は皆気楽に酷いこと書いてる。このコメントしてた人たちは今どう感じているのだろうかな。

こんな方もいらっしゃった。多分この方普段はとてもスクエアな方とお見受けするけれど、そんな方ですら、半ば見下すように藤浪選手の苦闘を見てしまうような、作られた時代の雰囲気が確かにあったと思う。

やー、でもMetsねぇ。私はMets好きになれるのだろうか。フジナミがキャンプ地に来たよ!と言う第一報に対するコメントでも、全否定して窘められたら再度返信でくどくど否定し続けるしつこいヤツやら片目をつぶってぼんやりみたらヤマモトに見えなくもないなんて書く失礼なヤツやらおって、感じ良くなーい。上記のはてなのコメントはうまくいかなかった試合に対してのコメントだったが、まだ何も始まってない時点からこんなヤなコメント平気で書くのよ。キライやアンタら!藤浪選手ご自身は、昨シーズンの修羅場でもずっと前向きに考えてはったようなのでやってくれると信じてますが、モンダイは私よ、私がこの嫌味なファンやこういうイケすかないファンを育むメディアに対して心折れずにいれるかどうか。現地メディアが「辛口」と称して叩いてナンボみたいな姿勢だったら、それを受けて日本のメディアは現地記事を恣意的に切り貼りしてお得意の印象操作するだろう。その記事に乗じてnetの酷いコメント付け足して作ったお安い動画がわんさか作られるだろう。杞憂かな?取り越し苦労?なんかヤな予感がするのは私だけ?

日々是好日のマインドで今年は応援しよう。日々是好日とは、良いことも悪いこともありのままに受け入れ、その時その時を精一杯生きなさいといった意味だそうで、藤浪晋太郎の人生を満足させるために頑張る藤浪晋太郎選手を、メディアに踊らされないようフラットな気持ちで応援していきたい。

 

癒しのためにアレしました

間に群青があったので、そんなに久しぶりとは思わなかったけれど、ジャマーバンドとしては5ヶ月ぶり?茨木JACKLIONにてLIVE。今回はみしまりよさん、caepomさんとの組み合わせ。caepomさんはカリンバの弾き語りということで、珍しいよね、カリンバでの弾き語り。訥々弾かれ優しく歌う。イメージはつじあやのさんあたりの系統ですね。caepomさんもアミーゴスのLIVEで山田晴三さんの弾かれるカリンバに出会い、そこから始められたとのこと。私と一緒ですがな。私なんて早々に挫折、未だスラスラ弾ける曲は一曲も無し。や、見えるところすぐ手に取れるところにはカリンバ置いてるんですよ、でもねー、なかなかねー、あかんなー、うー、ちょっと私ももういちど頑張らんとなー。

みしまりよさんは、相変わらずパワフルに時にオペラチックに歌い上げる、と思ったら、ウクレレで優しく囁くようにとても懐かしい歌を歌いはったり。このウクレレやフルートなども使ってのLIVEは、キーボードだけよりも耳の楽しみが増えた感じでよかったなー。

ラストはジャマーバンドですよ。前座としてキンジさんヒロジさんヤギュウさん3人のユニット名「コウケツアツ」、歌うのはメンバーを歌った曲シリーズのキンジさん編。これが昭和のフォークでございまして、今回のLIVEはジャマー初めてという若い方も多かったけれど、この歌でちょいと先行きを不安視されたのではないでしょうか。までも前座が済めばいつものジャマーバンド!鉄板ナンバーの合間にメンバーを歌った曲シリーズも小林さん、ヒロジさん、ヤギュウさんと3曲披露。一曲丸々使ってメンバーの歌作るってのが、それも笑える歌を作ってしまうのがなんともジャマーらしいけれど、中でもヤギュウさん曲「赤いドラマー」の爆発力たるや!大丈夫でしょうか、爆発しすぎて多方面に飛び火してますけれど。ジャマー初めての方は、知らん人のこと歌った歌でこんなに笑ってしもて良いのかしら的な戸惑いがあったのかも。ヒロジさんの熱唱「笑っていれたら」に、良い歌やったわーってしみじみおっしゃってた。私の今日の一曲はあにきさんのウッドストック。なんと言ったら伝わるかな、とっっても良かった、芯が太くて深い感じがしたな。

バーンといく曲では立って踊ってはる人らもおり、若いってええわねー。初めての人らも私みたいなヒネたファンも存分に楽しめたライブでした。みしまりよさんがcaepomさんの歌を聞いて癒しのためにしてたアレは「瞑想」だったけれど、私はジャマーのLIVEで癒しのためにするアレは「笑い」かな。十分癒されました。笑う門には福来る。

とまぁ満足するLIVEだったけれど、このところのブッキングは同じようなしみじみ聞かせる方達がおおくて、以前のような若くて勢いのあるバンドとの化学反応が見てみたいな!そう要望を寄せてみたのだけれど、コロナ以降そういった「勢いがある若いバンド」自体がいなくなってきているのだというお返事。そうなのかー。若い人の音楽活動が、アナログからデジタルに移行していることが顕著に影響しているのかもしれない。身体で音楽を感じて操るスキル、ミュージシャン同士の阿吽の呼吸とか、そういったものも絶滅の危機にあるのかもしれないぞ。